Sponsored Link

Omni7 とは

201511月、セブン&アイ・ホールディングスは、グループ8社のネットショッピングを統合し、リアル店舗との融合を促進する「Omini7」を開設し運用を始めました。

IMG_0500

「Omni7」とは一体どんなサービスなのか?
アマゾンや楽天のネットショッピングとは何が違うのか?
われわれ庶民にとって何が変わって、どんないいことがあるのか?

ショッピングは、店舗に行って商品を見て触ってその場で購入するという通常の商行動のほかに、

  1. カタログ通販
  2. TVショッピング
  3. インターネットショッピング

などがあります。

また、商品を購入するための商品の認知、調査、検索など、いわゆる広告活動は、

  1. 店舗で直に見る、触る
  2. 新聞広告
  3. テレビCM、TVショッピング
  4. カタログ通販
  5. インターネット

などがあり、商品を提供する企業と消費者の間には、多岐にわたるつながり(チャネル)が存在しています。
多くの企業では、それぞれのチャネル、通販は通販として、ネットショップはネットショップ、店舗売り上げは店舗単体として管理して、それぞれを底上げする努力をしていました。

この複数で複雑な企業と消費者の間をつなぐチャネルを、統合して全体で管理して、消費者により良いサービスを提供し企業自らの収益も向上させようという考えを、「オムニチャネル」といいます。
2011年にアメリカの百貨店であるMacy’sが始めたと言われていて、Macy’sがオムニチャネルによって業績を伸ばしたことから、世界各国の企業が追随しようとしています。

「ネットショップ」と「リアル店舗」をつなげるOmni7

アマゾンや楽天のネットショップと「Omni7」の違いを簡単に言うと、リアル店舗とネットショップの関係を密接にして、消費者にきめ細かいサービスを提供しようとしているということです。
さらに、、”セブンネットショッピング”、”西武・そごうのe.デパート”、”イトーヨーカドー ネット通販”、”アカチャンホンポ ネット通販”、”ロフトネットストア”、”セブン‐イレブンのお食事お届けサービス セブンミール”、”イトーヨーカドーネットスーパー”、”デニーズ出前サービス”、”セブン旅ネットの旅行予約サービス”をひとつのサイトで統合的に利用できます。

2018年には、Omni7全体で600万品目の品ぞろえを目指すそうです。

 

Amazon
ネットショップのモデル

Omnistyle
Omni7のモデル

消費者からみた利便性は、

  1. ネットで注文して店舗で受け取れる
    (店舗への配送は365日、送料は無料)
  2. ネットで購入したものを店舗で返品できる。
  3. 店舗でのお急ぎ受け取りサービス(関東16県、約7,000店)
  4. 店舗での接客端末による御用聞き(当初6,000店)
お近くの店舗で受け取り
  • いつも行く近くのコンビニで。
  • デパートに買い物に行くついでに。
  • 宅配だと留守しがちなので、かえって不便。

そんなときには、送料もお得!

Receive

 

返品だってお店でやれば便利

届いた商品が万が一不良品だったり故障していた場合はもちろん、サイズが合わない、色がちょっと気に入らないなど、消費者のわがままな都合でも便利に対応してくれます。

return

 

Omni7 の賢い活用術
  1. 重たいもの(飲み物、お酒、お米など)は配送サービスで楽ちん!
  2. 洋服、靴、おしゃれ用品などは、ショップで受け取って確かめる!
    →最悪はその場で交換や返品ができる

 

まずは、無料会員登録をして「Omni7」を実体験してみましょう。

(1) まずは会員登録してみよう!!

無料会員登録手順

(2) どんなものが売ってるか探索してみよう!

Omni7を探索してみる

(3) セブン&アイのページで買い物しよう!

24時間、近くのセブンイレブンで商品受取可、送料無料!ヨーカドーのネット通販

 

ネットショッピングへGO!!

Omni7の興味深い商品の一部を紹介しています。

おせち

お歳暮・ギフト(ビール、お酒)

紳士ワイシャツ

寝具・ベッドルーム

お米と麦飯

美味しい食材

重たいお酒類を配送で

世界のワイン

飲料

スポーツウェア&シューズ

 

※ここで紹介しているものは、あくまでOmni7が提供する膨大な量の商品のごく一部にすぎません。
お好きな商品を、Omni7トップページからお探しいただき、快適なネットショッピングをお楽しみください。

 

 

 

Sponsored Link

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ